ネット通販でピルを買う

アフターピル購入の方法とメリット・デメリット

以前のアフターピルは月経不順に使う中用量ピルが使われていました。中用量ピルを使ったアフターピルは副作用が強いことで知られていました。そのため、改良を重ねて2011年に新たな方法としてノルレボ法(LNG法)が日本で正式に認められ使われるようになったそうです。
そのノルレボ法が使われているのがアイピルやマドンナといったアフターピルです。

それまでは、日本の病院処方はプラノバール錠という中用ピルが緊急避妊薬では一般的だったようです。

主にアフターピルを購入する方法としては病院で処方してもらう方法と通販を使って個人輸入する方法の2通りあります。
どちらの方法を使うかは自身の判断です。しかしどちらもメリットとデメリットが存在します。

ということで2通りの購入方法を比べてみましょう。

アフターピルの買い方は2通り
まずは病院での購入のメリットです。病院では避妊に失敗した時にすぐ処方してもらうことができます。また、医師の診察やアフターピルの副作用や服用方法の説明がしっかりあるでしょう。アフターピルを使うのが不安な方は医師の適切な説明があるため安心できるという人もいるのではないでしょうか。

しかし、デメリットとして医療保険が適用されないので費用が高くなってしまいます。

また処方されるのは1回分避妊に失敗した場合は毎回処方してもらいに行かないといけない為手間かが掛かってしまったり予備で持ち歩くことができません。病院が苦手な方は何度も処方してもらいに行くのは苦痛と感じる人もいるようです。

それに比べると通販は備えて余分に持っておくことができますし、値段も病院処方よりはるかに安いでしょう。

しかし、アフターピルは海外商品の為に到着するのに時間が要してしまいます。緊急で避妊が必要になった場合に間に合わない可能性があります。通販はあくまでも自己責任になるため副作用や服用方法の知識はある程度つけておかなくてはならないのです。

いかがですか?2つともメリット・デメリットがありますが上記のことを踏まえたうえでアフターピルを購入しましょう。