友人がアフターピルを初めて経験したそうで…

友人から、アフターピルを使用した話を聞きました。アフターピルってなんとなく「性的暴行を受けた場合に使うもの」のようなイメージがあったのですが、当たり前だけれど避妊に失敗した時にも使えるんですね。

アフターピルとは、緊急避妊剤であり、ホルモン剤のことです。性的暴力を受けた場合はもちろん、避妊に失敗した場合など、妊娠の可能性がある際に服用する薬だそうです。市販はされていないため婦人科を受診して初めて処方されるそうなのでちょっと敷居が高い気もしますが(ただ、避妊に失敗したという理由だけでは処方してくれないお医者さんもいるとか…)、でも望まない妊娠をした時に傷付くのは女なのです!そう考えると、いざという時のためにアフターピルの存在を知っておくことは重要ですね。
(※参考:アフターピルの知識
砂時計

アフターピルには、妊娠する可能性のある行為から72時間以内に1錠服用するノルレボと、72時間以内に2錠服用し、その12時間後に2錠服用するプラノバールの2種類があります。友人は2回しっかりと時間を守って服用する自信がなかったそうで、ノルレボを処方されたと言っていましたし、この方が実際におススメだそうです。でもこれって、72時間以内なら大丈夫と思わず、できる限り早めに服用することが大事らしいですね。とある報告によれば、72時間以内に服用すれば75%以上の避妊成功率を誇るそうですが、24時間以内ならば95%ほどの避妊成功率が期待できるそうです。だから妊娠を希望しないならば、迷わずアフターピルを服用することが大切だそうです。

そしてもちろん、女なら気になるのは避妊が成功したのかどうか。友人がノルレボを服用したのは排卵前だったそうで、それから1週間後の生理が来たと言っていました。どうやら、アフターピルの服用が排卵前の場合は生理が1週間後くらいに来て、また本来の生理予定日あたりに出血があるそうです。つまり、月に2回生理があるってことです。服用が排卵後の場合は、本来の生理予定日あたりに生理が来るそうです。生理が来たら、妊娠しなかったことが確信できて安心できますね。友人は出血があった時とても安心したと言っていました…

 

頭痛

ただ、アフターピルには副作用が指摘されています!服用前に副作用についてもしっかり知っておく必要がありますね。副作用はだいたい24時間くらいに起こりますが、頭痛や吐き気、そして不正出血などが代表的な症状です。生理を待ち望む女性は不正出血が起こったら「生理だ!」と思ってしまうかもしれませんが、しっかり時期を見極めましょう。服用から24時間以内なら、それは生理ではないのです!友人は吐き気に悩まされたそうです。論理的にはあり得ない話ですが「もしかしてつわり?」と思ったそうです。アフターピルを服用する場合は、妊娠のメカニズムもしっかり知っておく必要がありそうですね。

ちなみに、アフターピルを服用してから3週間経っても生理と思える出血がない場合は、妊娠した可能性を疑わなければいけないそうです… また、友人は生理予定日付近にちゃんと生理が来たと言っていましたが、その後は生理周期に多少のズレが生じたそうで、普段は28日周期で来る生理がその後は1か月半来なかったと言っていました。アフターピルはホルモン剤ですから、ホルモンバランスが狂ってしまうことがあるんですね。

 

アフターピルを処方してもらう場合、保険は効かないそうで、友人は8000円払ったそうです。だいたい3000円から10000円程度のことが多いそうですよ。最近は通販で買うこともできるようで、申し込むと早く自宅に届けられる場合もあるそうですが、病院だとその場で処方してもらえるために安心ですね。

ただ、アフターピルを使わなければならないような妊娠しかねない行為は何より避けるべきです。そして避妊はしっかりするべきです。アフターピルは、妊娠を望まない女性にとっての最後の砦。それがホルモン剤で、女性の身体にも負担をかけるということを考慮すると、毎回の行為に使える避妊法でもありません。また、お金もかかります。それでもやはり、女としてはいざとなったら行為の後に実施できる避妊法がある、ということを知っておくことも大切ですね。私もよく知りませんでしたが、日本ではアフターピルの認知度が低いそうです。身を守る手段の1つとして、その存在を知っておくことは必要だと感じました。